山ガール 遊び・育児のアイデア・情報

赤ちゃんと一緒に高尾山へ行く時のお役立ち情報

2018/04/18

今回は、赤ちゃんと一緒に高尾山へ行く時のお役立ち情報プラス高尾山のトイレ情報を…☆

”世界一登山客の多い山”とも言われる高尾山。お天気の良い休日ともなるとものすごい人出で、トイレの前にも長蛇の列ができます。
高尾山口駅から出発する人が多いので、まずは高尾山口駅周辺のトイレ情報です☆

高尾山口駅周辺のトイレ情報

高尾山口駅構内には、こちらの写真の通り、綺麗なトイレがあります。(女性用13、男性用個室3、小5、多機能トイレ1)
改札を出てしまっても、駅員さんに声を掛ければ使用させてもらえるそうです。

DSC_0283DSC_0284

そして改札を出てすぐ左手に「高尾山口観光案内所」(年中無休 午前8時~午後5時(4月~11月) 午前8時~午後4時(12月~3月))があるのですが、その隣にもトイレがあります。ただしこちらのトイレの個室数は、女性用2、男性用1と少ないので、待ち時間は長くなります。DSC_0287

そこで、改札を背にして左斜め前方に見える、鳥居の近くのトイレのほうがおすすめです。こちらは女性用個室6、おむつ交換台1(女性用トイレ内)、男性用個室2、小7、多機能トイレ1です。
DSC_0288    

また、ケーブルカーの駅「清滝駅」の駅舎にも、券売所に向かって右側のほうにトイレがあります。(女性用8、男性用個室3、小5、多機能トイレ1)

でも、一番の穴場は、平成27年8月にオープンした「TAKAO 599 MUSEUM 」です。こちらは女性用7、男性用個室3、小8、多機能トイレ2です。とっても綺麗(しかも暖房便座&ウォッシュレット付き)で、しかもまだあまり知られていないため、空いています♪ 次の項目ではこちらのミュージアムのご紹介を…☆

DSC_0291

高尾 599 ミュージアム(タカオゴーキューキューミュージアム)

高尾山口駅から徒歩4分のところにあります。高尾山の生態系・歴史・文化などを紹介する、カフェも併設されているこちらの施設は、食べ物の持ち込みもOKで、入場無料の、市民や登山客の憩いの場です。芝生広場には子どもたちの絶好の水遊び場となる“じゃぶじゃぶ池”があります。

DSC_0289

そして館内には、裸足で遊べるキッズスペースが…♪DSC_0292

599ミュージアムへは、国道20号線からも行けますが、高尾山口駅から向かう場合は、お土産屋さんやお蕎麦屋さんなどが並ぶ通りにある、こちらの「高尾画廊」さんと「鳥菊商店」さんの間の道を入っていくと、すぐ左手にあります♪

DSC_0304

599ミュージアム
住所: 〒193-0844 東京都八王子市高尾町2435番3
電話: 042-665-6688
開館時間:
8:00~17:00 (4月~11月)(最終入館 16:30)
8:00~16:00 (12月~3月)(最終入館 15:30)
年中無休 ※メンテナンス等で休館となる場合があります。
ホームページ: http://www.takao599museum.jp/

高尾山山頂付近のトイレ

山頂にある高尾ビジターセンターのすぐ近く(センターの入り口に向かって右側)にトイレがあります。

DSC_0300

そして山頂からほんの数十メートル下がったところには、こんなに立派なトイレが!!お洒落な外観で、着替え用の台などの設備も充実しています♪1階は女性用と男性用、2階はすべて女性用で、2階は繁忙期のみ開けるようです。

DSC_0301

DSC_0302DSC_0303 (1)

女性用だけでなく、男性用のトイレにもこんなにたくさんの、子ども連れ客への配慮が…♪ありがたいです(*^_^*)

ベビーカーで行ける道「冨士道」

先日、友人と、友人の赤ちゃんと一緒にベビーカーで山頂まで行きました。

その時と同じルートが、こちらの記事で紹介されていたので、リンクを貼らせていただきます。http://mttakaomagazine.com/archives/1485

なお、上記のリンク先の記事半ばにある「弁財天」近くの冨士道がスタートする地点についてですが、記事では「左に進んでちょっとすると、道が二手に分かれています。 山頂方面に進むには右を進みます。 左はもしかしたら車でふもとまで降りることができるのかもしれません(未検証)」とありましたが、実際に左の道に行ってみたところ(間違って左の道を選んでしまったのですが)、お坊さんたちの宿舎らしきものがあり、行き止まりでしたのでご注意くださいませ。

山頂よりもゆっくりできる「一丁平」

高尾山山頂から徒歩30分ほどのところにある「一丁平」(いっちょうだいら)。
ベンチもたくさんあり、山頂ほど混んでおらず、ゆっくりできるおすすめスポットです(*^_^*)
トイレもあります。

DSC_0297

 

授乳できる場所&ベビーカーを預かってくれる場所

子連れ登山客にも人気の高尾山ですが、授乳できる場所は今現在下記の2か所のみです。

①山頂にある「高尾ビジターセンター」…授乳室はありませんが、職員に声を掛けると、授乳できるスペースを作ってくれるそうです。(開館10:00-16:00 月曜休み 電話042-664-7872)

②「高尾599ミュージアム」…前述の、綺麗な施設です♪ 1階に、落ち着いて授乳できる授乳室があります♪

DSC_0290

ベビーカーは、高尾山ふもとのケーブルカーの駅「清滝駅」で、300円で預かってくれるそうです♪(京王線高尾山口駅ではそのようなサービスはありませんので、ご注意を…^^;)

子ども用リュック

「自分で荷物を持ちたい!」そんな気持ちにさせてくれる、自分専用のリュック。口コミでこちらのリュックは、軽く背負いやすい、色が綺麗と、特に高評価でした。通園に通学、遠足や旅行、レッスンバッグにもぴったりの12リットルサイズです。

電話リスト

●救急時の連絡先(ケガをして歩けない時など)
東京都高尾ビジターセンター (開館10:00-16:00 月曜休み)042-664-7872
救急相談センター #7119
救急 119

●緊急時の連絡先(道に迷った時など)
高尾警察署 042-665-0110

●ケーブルカー、リフト、さる園、野草園については
高尾登山電鉄株式会社 042-661-4151

●高尾山口観光案内所(京王高尾山口駅駅舎内にあります。高尾山や八王子市内全体の見どころや物産の情報、多言語でのサービス)042-673-3461 年中無休 午前8時から午後5時まで(ただし、12月から3月までは午前8時から午後4時まで)

お役に立てば幸いです。






-山ガール, 遊び・育児のアイデア・情報

is_mobile: