健康

目の疲れをやわらげるために、自宅でできるセルフケア

2017/02/05

今回は、目の疲れをやわらげるためにできる自分でできるケアをいくつかご紹介します。

足裏の目の反射区を刺激する

足の人差し指と中指の間の付け根を、手の親指と人差し指でつまみ、適度な圧力でこねるように刺激する。メガネやコンタクトレンズを使用している人は特に敏感とされているので、やさしい力加減から刺激を始める。

こめかみを押す

ここには、頭痛や目の充血に効くツボがあります。3~5秒圧迫し、離す、を繰り返します。

目の下を押す

瞳孔のすぐ下あたりには、目の充血やめまいに効くツボがあるので、そこをソフトに押します。

目頭を押す

目頭を2~3秒圧迫し、離す、を繰り返します。

目の周りの骨の下を押す

骨の下に沿って、ソフトにゆっくりと指圧を移動していきます。

目の体操

正面を見て、右→正面→左→正面→上→正面→下→正面と視線を動かします。これを2回繰り返します。それから眼を一周させます。右回り・左回り。以上で1セット。これを4セット繰り返します。

ニンジンやブルーベリーのジュースを飲む

「目のビタミン」と言われるビタミンAを多く含むニンジンのジュースや、アントシアニンを含むブルーベリージュースが、目の疲れをやわらげてくれます。

ヨガのうさぎのポーズ

頭痛や、首・肩こりの改善にも効きます。やり方はこちらをご参照ください。

お役に立てば幸いです。

 

-健康