ベビーシッター

かみなりちゃんの絵本、ちょうちょ遊び、眠る前にはマッサージタイム☆

夕方からのある日の保育の様子です☆ 

昼間、雷が鳴っていたので、5歳のAちゃんと3歳のB君が「ピカって光っていたの見たよ!」と教えてくれました。そして雷にちなんで、『だるまちゃんとかみなりちゃん』の絵本読み☆

こちらの絵本は、可愛らしい絵とほのぼのした雰囲気、それでいて細部までこだわって描かれているので読んでいる大人も一緒に楽しめます。長年愛されている名作というのも納得です(*^^*)

二人とも、「かみなりちゃん、どうして雲の上から落ちてきたのかなあ?」「ごちそう、美味しそう~!」「あれ?これは何?」と興味津々でかみなりちゃんたちの世界を楽しんでいました。

絵本を読んだ後、お部屋でしばし何かを作成していたAちゃん。

写真の一番左に写っている、手作り封筒の中に、出来上がったちょうちょと筒を入れて、「じゃーん!!」と本日の遊びを発表してくれました(*^^*)
Aちゃんが、紙でちょうちょ5匹とお花を1つ作り、さらに筒状に丸めたものを2つ作って、オリジナルの遊びを考えてくれました♪

それは、2つの筒のうちのどちらかにお花を入れて、どちらに入っているかをちょうちょが当てる、という遊びです☆ Aちゃんは黄色のちょうちょ、弟B君は青いちょうちょ、私はピンクのちょうちょを選びました。

まず、Aちゃんが筒の中にお花を隠してから、プーさんのウェットティッシュケースの下に2つの筒を隠し、思いっきりプーさんを回して、どちらの筒に入っているかを分からなくしました。

ものすごい勢いで回していたので、時々パカっとふたが開いてしまい、3人で大笑い(*^^*)
ハプニングも、楽しいものです♪

そして3匹(3人)が「こっちだ!」と選び、筒の中を確認してもしお花があった場合には花の蜜を吸えました。AちゃんのちょうちょとB君のちょうちょが大抵当たり(私は二人が選ばなかったほうの、筒を選んでいたので…(^^;)、2匹のちょうちょが(AちゃんとB君の可愛い声で)「ちゅー、ちゅー!お花の蜜は美味しいなあ♪」と蜜を吸っていました♪
途中でB君も折り紙で筒を2つ作ってくれました。(写真右側の2つです)

そんなふうに遊んでいるうちに、眠る時間になったので布団の上で簡単マッサージタイム☆
AちゃんもB君も私のマッサージを楽しみにしてくれていて、以前よりもスムーズに寝る準備をしてくれるようになりました(*^^*)

子ども向けのマッサージでは、あまり力は入れず、優しくさすったり揉んだりします。二人とも「マッサージして♪」とうつ伏せになって足を出してきてくれます。
そして「あ、それよりも、こんな感じのほうが好き!」と、オリジナルメニュー(?)の提案まで(*^^*)

Aちゃん、B君、楽しい夢を見ながらぐっすり眠って、またたくさん遊ぼうね☆






-ベビーシッター

is_mobile: