Baby & Kids Star からのお知らせ

お正月の高尾山、たくさんの人で大混雑でした!(2020年1月2日)(前編)

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、子どもの頃からよく登っている高尾山。
今年、初めてお正月に登りました。

元旦は非常に混むと聞いていたので、元旦よりはまだ混雑具合が緩和される2日に行ってみたのですが、それでもとても混んでいて、高尾山の人気ぶりを実感しました(^^;

12時半時点でのケーブルカー、リフトの待ち時間

毎度のごとく少し遅めの出発でしたが、まずはよく寄っている「滝美屋」さんで、よもぎ饅頭(100円)を購入。

小ぶりサイズで熱々のよもぎ饅頭をいただいてから、ふもとの駅の方へ。
この時12時半位でしたが、ケーブルカーは20分待ち、リフトは30分待ちでした。
ピークの時間は過ぎていたので、この程度の待ち時間で良かったです。

権現茶屋前も大混雑

私はリフトに乗って薬王院を目指すことに。
リフトから下りて舗装された道を歩いている途中、天狗ラーメンで有名な「権現茶屋(ごんげんちゃや)」の前も通りましたが、たくさんの人で賑わっていました。

権現茶屋では店頭で、パックに入ったワインも販売されていました。

薬王院参拝の待ち時間は未知数

薬王院へ向かって歩いていたところ、参道の途中で、参拝をするための列がもうありました!
スタッフの方にどの位待つのかを聞いてみましたが、分からないとのことで(まあ、テーマパークのアトラクションとは違うので、目安時間は不明なのでしょうが…(^^;)、列がどの位続いているかを見てみることに。

列はこの先ずっと続いていて…


大本堂へ向かう階段のところで列が区切られ、一定の人数ごとに境内に入場できるシステムでした。

参拝はあきらめ、冨士道で山頂へ

この長い行列を見て、私は大本堂に参拝することはあきらめ、以前ベビーカーで通った「冨士道」のルートで山頂を目指すことに。客殿の脇の道を行くのですが、今回は「高尾山頂方面」と書かれた看板があり、分かりやすくなっていました。

途中、「福徳弁財天」でお参りをしました。
洞窟の中にあるため、頭をぶつけないよう低くかがんで進むのですが、神秘的でした。
こちらは目立たない場所にあることもあり、数人の方しかいませんでした。

13:50頃の山頂の様子

山頂もたくさんの人で賑わっていましたが、参拝の行列ほどではありませんでした。

中編へと続きます)

コメントを残す

コメントは当サイト運営者の承認後に反映されます。
お名前はニックネームでも結構です。