保育

どっちの絵本がいいかな?(*^^*)

いつも元気いっぱいの1歳のひろと君。
絵本も大好きなのですが、つい破ってしまったり投げてしまったりするので、ママは、普段は絵本は手の届かないところにある本棚に置いていて、大人の人が読み聞かせをする時にだけ本棚から取り出すようにされています。

私が訪問して一緒に遊ぶ際、ひろと君はおもちゃで遊ぶのも大好きなのですが、絵本を読んでもらうのが何よりの楽しみのようで、絵本のある本棚の方に手を伸ばして「読んで!」とアピールしてくれます(*^^*)

絵本は常設(私物)のものと、ママが図書館で借りてきてくださったものがあり、いつも新鮮(?)です♪
いつも、その中の2冊を右手と左手に持って「どっちがいいかな?」とリクエストを聞くようにしています。するとひろと君は、その時に読みたいほうの絵本に手を伸ばしてくれるので、選んでくれた絵本を読み、読み終えたらまた他の2冊を手に持って再び選んでもらうようにしています。

大抵、その日の保育時間のうちに結局全部の本を読み終えるのですが、ひろと君は自分で絵本を選ぶ時、とても嬉しそうにとびきりのキラキラ笑顔を見せてくれるので、とっても可愛いです♡

ちなみに真っ先に選ぶ一番のお気に入りの絵本は「かがみのサーカス」です。

こちらの絵本は、片面のページが鏡のようになっているため、もう片面のページを映し出し、奥行きのある3Dのような絵を楽しめる、不思議な感覚を味わえる本です(*^^*)

ひろと君、また一緒に色んな絵本を読んだりおもちゃで遊んだりして遊ぼうね♪






-保育

is_mobile: