保育

あれ?ひっかからないなあと思ったら…(^^;

5歳のゆうま君とお家で遊んでいた時のこと。

私は突然「そうだ!自分が昔子どもの頃やっていた、ひっかけ問題の遊びをやってみよう!」と思い付き、ゆうま君に問題を出しました。
私:「ねえ、ピザって10回言ってみて!」
ゆうま君:「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ…」
私:(自分のひざを指さしながら)「じゃあ、ここは?」
ゆうま君:「ひざ!!」

あれ?初めてこの問題出したのに、普通に正解を言えてる…。なんでだろう?とよく考えたら、私が指を指す場所を間違えていたことに気が付きました。本当は、ひざではなく、ひじを指さして「じゃあ、ここは?」と聞かないといけない問題でした…。
そうしたら、きっと思わず「ひざ!!」と答えて、「ぶっぶー、正解はひじでした!」となっていたはずだったんですね(^^;

私は「指を指す場所を間違えた!本当はひじを指さすんだった!もう一回行くよ!ピザって10回言ってみて!」(我ながらしつこい&すでに答えを教えてしまっている(^^;)
ゆうま君:「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ…」
私:(今度は自分のひじを指さしながら)「じゃあ、ここは?」
ゆうま君:「ひじ!!」

案の定、普通に正解を言われました。ゲームになってない。。。
まあ、こんなことがあっても、楽しかったからいいよね!?(*^^*)






-保育

is_mobile: