ベビーシッター

飲食店の全メニュー音読をしながら帰りました☆

2018/03/18

好奇心いっぱいの2歳のA君。
保育園お迎え→電車に乗って私の家へ→私の家で夕ご飯→電車でお家に帰宅☆のスケジュールだった先日の保育の様子です♪

「これはなーんだ?」と私に質問を次々と投げかけるA君。(質問がクイズ形式!!(*^^*))
そこで、私が端から順番に、全てのメニュー名を「これは唐揚げ定食!」「これはポテトフライ!」と答えていくことに…☆

定食屋さん♪

カフェ♪

ラーメン屋さん♪

その他いろんなお店がありました☆
メニューを熱心に見つめる姿が可愛かったです♡

でも飲食店がたくさん並ぶ通りだったので、なかなか駅まで到着できず、さすがに夕ご飯の時間に間に合わないと思い始め、A君には悪いと思いつつ、私は「電車さんが待ってるよ~。もうすぐ行ってしまうよ~。」と歩きモードに入ってもらうことに…。

何とか電車に乗ってもらい、夕食を食べて(お代わりしてもらえて良かった!!)、A君の自宅に帰る電車に乗ることに…☆

ところがそこでA君、「ベビーカーには乗らない!」「お家まで(ママに会うまで)寝ない!」と言いながらも電車の座席でウトウトし始めました…(^^;

そこで私は「A君、あのね、今眠りたくない気持ちは分かるんだけど、もしこのままこのお席で眠ってしまったら、お荷物もたくさんあるから、A君を抱っこして、お荷物とベビーカーを持って、お家まで行くことはできないんだ(>_<)そうなってしまうと、A君も私も、困ってしまうんだ。悪いんだけど、お家に着くために、ベビーカーに乗ってもらえないかな?」とお願いしてみました。

するとA君、自らベビーカーに乗ってくれて、飲んだら眠ってしまうと分かっているミルクも自ら飲んでくれて間もなく夢の中に…☆

できる限りとことん本人の要望に応えた後は、こちらからのお願いに、ちゃんと応えてくれるんだなと思いました。
A君、ありがとう♡

でもママたちは、育児以外にも家事や仕事やその他しなければいけないことがたくさんあって、なかなか難しいと思います。そんな時、私ができる限りお子様の要望に応えるお役に立てたなら、嬉しいです。






-ベビーシッター

is_mobile: