お薦め育児書

ダラダラ食べ改善計画を実行中!

2017/02/05

こんにちは!JUNです。

うちの3歳と5歳の子供たち、ダラダラ食べがひどいんです。
夕飯を食べ終わらずに歩きだしたり、踊りだしたり、寝室に行って布団にダイブしたり…。
「もうお腹いっぱい!ごちそうさま!」と言った30秒後にはまた残りを食べてたり。

一番面倒なのは、お風呂の後、寝る前にヨーグルトと納豆と果物を食べることです。

その習慣をたどってみると、お姉ちゃんが2歳くらいの時。
布団に入るころに「お腹がすいた。眠れない。」と言っていました。
寝つきが非常に悪く、寝かしつけに毎日1時間はかかっていたので、眠気を誘うヨーグルトをあげてみたことから始まりました。
歯磨きをした後に食べると2度歯磨きが必要になるので、歯磨き前に食べさせるように。
そして、そのうち、納豆も食べたい!果物も食べたい!となり、風呂上がりの“夜食”が習慣に。

でも、夕飯の片付けをした後の夜食の片付けが2度手間だし、食べこぼしも2重だし・・・。

そこで、『子育てハッピーアドバイス 食育の巻』を参考に、ダラダラ食べ改善計画を実行中です!

作者は自身の子供の遊び食べ対策に、「食べてるときは、遊ばない」「食べてるときは、歌わない」「食べてるときは、踊らない」を合言葉に、標語のように何度も繰り返したそうです。

うちでは、「もういらない、ごちそうさま!」と言ったときに、「ごちそうさましたら、続きはないよ。寝る前は食べないよ。次のご飯は明日の朝だよ。」を繰り返すことに。

子供たちは「わかった!大丈夫!」と答えつつも、初めはやはり風呂上りにあれ食べたい、これ食べたいと言っていました。
「夕ご飯で、ごちそうさまの時、言ったよね?寝る前にごはん食べるんだっけ?」
「食べなーい!」
「次のご飯はいつだっけ?」
「明日の朝!」
とやり取りしつつ、空腹で寝付けないのは困るので、徐々に
「今日は納豆とヨーグルトだけ。明日はごちそうさまで終わりだよ。」
「今日はヨーグルトだけ。明日はごちそうさまで終わりだよ。」
と減らしていきました。

2週間ほど唱え続けて、昨日は弟は初めて夜食無しに成功!
お姉ちゃんはヨーグルト3口くらいのみで済みました。
その分、夕飯の時に出す果物やヨーグルト等を食べきるようになってきています。

進歩は非常にゆっくりで、あと2週間は「ごちそうさまでお終い」を唱え続けることになりそうですが、夕食でキッチリ食べきる日が来るのを心待ちにしています。

「ご飯の片付けの手間を減らしたい!」という私の都合で始めた試みですが、食育の面でも良さそうです。

 






-お薦め育児書

is_mobile: