遊び・育児のアイデア・情報

子どもに目薬を差すコツ

2017/10/22

目薬を指す子ども

子どもに目薬を差す時のコツ

目薬は、高い位置から差すと子どもは怖がるので、なるべく低い位置から差すのがコツです。

また、座った状態よりも寝た状態のほうが点眼しやすいです。

1歳くらいのしゃべれない子どもでも、目薬の必要性をしっかり伝えると嫌がらない場合もあります。

点眼の裏ワザ

それでも子どもが目薬を嫌がって泣いてしまい、大変(*_*)

そんな時には、清潔な布などで目のまわりを拭いてから、目をつぶってもらい、目頭に落として、 あとは目をぱちぱちしてもらえばOK!!(この時目尻に点眼すると目薬が流れてしまいますので注意してください)

また、寝ている時に、目をあかんべーして差してもOKです。目頭に点眼し、目じりを数回引っ張ると、全体に目薬が広がります。

注意事項

泣いている最中は点眼を避けてください。(目薬が流れてしまいます)

点眼時に容器の先や爪が、目に当たらないようにしてください。

一度開封した目薬は、1 ヶ月位しか保存できません。( 容器に記載されている使用期限は、「未開封の状態」での期限ですので注意してください)

 





-遊び・育児のアイデア・情報

is_mobile: